日帰り温泉で楽しむなら

ここでは、日本三古泉である有馬温泉の外湯や、お勧めの日帰り温泉どころなどを紹介します

有馬温泉の日帰り入浴について

有馬温泉の良さを楽しむなら、ぜひ宿泊してゆっくりとお湯に浸かりたいものです。ですが、日程や予算の都合で「どうしても日帰りで…」という方もいらっしゃると思いますので、そんな方のために日帰り温泉のスポットを紹介します。

基本的にはホテルや専用温泉でゆったりとお湯を楽しみ、その後、外湯をめぐりつつ風情を楽しむのがおすすめです。ただし、外湯には駐車場がないので注意しましょう。

贅沢に湯浴みを楽しむ、ホテルや日帰り専用温泉どころ

  • 月光園日帰りプランの写真月光園日帰りプラン

鴻朧館、游月山荘ともに食事付き日帰り入浴プランを用意しており、手ぶらで身軽な日帰り温泉の小旅行を楽しむことができます。

鴻朧館では料理長の粋を凝らした贅沢な会席を、游月山荘ではマクロビを意識したブッフェ料理を楽しめます。昼食付きプランだけでなく、夕食付きの日帰りプランが用意されているのも嬉しいところ。

宿自慢「源泉掛け流しの金泉」の、ゆったりとした大きなお風呂とお料理をリーズナブルに、かつしっかりと楽しめるプランです。

【日帰りプラン料金】 1名6,200円~
【所在地】 月光園:神戸市北区有馬町318
【アクセス】 私鉄有馬温泉駅から徒歩約7分

『月光園 鴻朧館』の詳しい情報はこちら>>
『月光園 游月山荘』の詳しい情報はこちら>>

  • 竹取亭別亭 康貴

竹取亭別亭康貴の写真竹取亭丸山に隣接する、日帰り入浴専用の施設です。

ここは、有馬温泉の茶褐色の金泉と、透明色の銀泉の二種類が楽しめるのが大きな特長となっています。外湯専門ながら、湯船が狭いのが少々難点ですが、一度に金泉銀泉を楽しみたいという人におすすめです。

【入浴料】 大人1,000円
【所在地】 神戸市北区有馬町1401
【アクセス】 神戸電鉄有馬温泉駅から徒歩5分

温泉地の風情を楽しむ、外湯(共同浴場)

  • 金の湯の写真金の湯

含鉄-ナトリウム-塩化物強塩高温泉の赤茶色したお湯が「金泉」と呼ばれています。

神経痛、筋肉痛から慢性婦人病にも効果があるといわれる、有馬温泉ならではのお湯です。83℃以上の非常に熱いお湯のため、水道水や井戸水を加水しています。

外にある「太閤の飲泉場」では、地下から吹き出てきた銀泉を飲むこともできます。

【入浴料】 大人650円
【所在地】 神戸市北区有馬町833
【アクセス】 有馬温泉バスターミナルから徒歩0分
  • 銀の湯の写真銀の湯

炭酸泉・単純二酸化炭素冷鉱泉・ラジウム泉・単純放射能温泉の透明のお湯が、有馬温泉で「銀泉」と呼ばれるお湯です。

慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復などに効果が期待できます。適切な温度にするため、季節によっては加温しています。

【入浴料】 大人590円
【所在地】 神戸市北区有馬町1039-1
【アクセス】 有馬バスターミナルから徒歩5分